栃の木会について
沿革

関 記念 栃の木会の歩み

栃の木会について

記念 栃の木会は、「お年寄りが毎日を安らかに過ごせる楽園を作って欲しい」という 関 湊氏の遺言と、社会福祉に対する 関湊・よつ 夫妻の並々ならぬ情熱と崇高な理想に基づき、その遺産によって設立されました。

「恵まれない人たちに、満たされない老人から幼児までに愛の手を―。それが私の長い間の宿願だった。」けれども長年の“夢の結晶”の完成を前に、「後を頼むよ」とその思いを遺言に託して天寿を全うされました。

関 記念 栃の木会は、関 湊 氏の幼い頃の苦労の日々と生に対する感謝の念が形となって現れたものなのです。

私たち職員は 関 湊・よつ 夫妻のその思いを忘れずに受け継いで参ります。

・1984

昭和59年

 9月14日

創設者″関 湊″氏 逝去 (享年76歳)

・1985

昭和60年

 3月27日

社会福祉法人『栃の木会』設立

10月 1日

特別養護老人ホーム しもつけ荘開設(50床)

・1988

昭和63年

11月22日

老人保健施設 みなと荘開設(50床)

・1991

平成 3年

 3月26日

『関 裕子』理事長 就任

 8月 1日

特別養護老人ホーム しもつけ荘増床
(50床 → 100床)
デイサービスセンター開設

・1996

平成 8年

 4月 1日

特別養護老人ホーム いしばし開設(50床)
在宅介護支援センター開設
デイサービスセンター いしばし開設

 7月18日

老人保健施設 みなと荘に在宅介護支援センター開設

・2000

平成12年

 4月 1日

デイサービスセンター きらら開設

・2001

平成13年

 1月 1日

特別養護老人ホーム いしばし増床
(50床 → 54床)
特別養護老人ホーム ショートステイ
(20床 → 16床)

 4月 6日

グループホーム うらら開設(27床)

・2003

平成15年

 9月 1日

デイサービスセンター くらら増床
(35床 → 55床)

・2004

平成16年

 4月 1日

しもつけ荘厨房改築(クックチル方式導入)

・2007

平成19年

11月 1日

グループホーム いしばし開設(9床)

・2011

平成23年

 3月26日

『関 佳代子』理事長 就任

10月18日

社会福祉法人『関 記念 栃の木会』に法人名変更

・2012

平成24年

 4月 1日

みなと荘 新築移転
みなと荘 デイケア増床
(10床 → 30床)

11月 1日

地域密着型特別養護老人ホームしもつけ荘開設(20床)
地域密着型特別養護老人ホームしもつけ荘
ショートステイ(10床)

・2013

平成25年

12月 1日

地域密着型特別養護老人ホームいしばし苑開設(29床)

・2015

平成27年

 4月 1日

老人保健施設みなと荘 増床(50床 → 100床)

・2017

平成29年

 6月 1日

特別養護老人ホーム煌 開設(50床)
特別養護老人ホーム煌 ショートステイ(10床)
デイサービスセンターいしばし移転増床(20床→30床)

12月19日

『関 裕子』理事長 就任

トップに戻る